長内工房~森のメッセンジャーのときど記~

岩手山麓で山暮らしを楽しみながら、陶芸工房を開き、陶器の制作と陶芸教室を行っています。 陶芸の他、山麓の自然、畑仕事、趣味のパイプオルガン、沖縄空手など、 日々の楽しみについて思いつくままに書いています。

陶芸教室は予約制です。工房に直接電話のほか、「じゃらん・遊び体験」、「あそびゅー」ではネット予約ができます。 子ども会、地域行事などでの出張の教室も可能です。 人数、料金、時間などはファックス、電話でご相談ください。 また、工房では、見学、商品の購入ができます。 毎週月曜定休日 陶芸教室開催時間 午前の部10:00~12:00 午後の部2:00~4:00 陶芸教室料金 1名 1300円~ TEL/FAX 019-688-5702 所在地 〒020-0601 岩手県滝沢市後496-5

今朝の景色。
IMG_20200406_083305
IMG_20200406_083335

美しいけど、もうそろそろ終わりにして欲しいな~。

さて、アンパンマンシリーズのお皿を3人のお孫さんのために色々作ってきた女性。
最近焼けたのが・・・
IMG_20200315_115117
ドキンちゃんとバイキンマン。
筆使いも慣れてきて、迷いがなくていいですね。
ちなみにこれらは、素焼き後に、図柄を皿の大きさにコピーした物を使ってうっすら絵を写し、それを筆でなぞっています。

そして最後は・・・
IMG_20200403_122704
食パンマンとカレーパンマン。
食パンマンは焼き上がりが、白っぽい粘土、
カレーパンマンは茶色に焼き上がる粘土を使って。
以前、目が少し盛り上がったお皿を作ったら、お孫さんがとても喜んでいたからと、
今回は2つともそのようにしました。

バイキンマンは、「つの」があるので皿のなかに全体を収めましたが(つのが出てると壊れやすいので)、食パンマン、カレーパンマンは、そのまま顔の形。
こっちの方が、ウケがいいそうです。

前作った、顔そのままのこむすびマンが人気だそう。

これで全部で9枚出来たので、アンパンマンシリーズはとりあえず終了とのこと。

私もこのお皿、使ってみたいな~。

娘にこむすびマンでも作ってプレゼントしようかな?(丸顔で、ちょっと似てる!)


去年の今頃に作り始め、
GW頃には立てられるか?
と思っていた看板が、
1年越しにようやく立ちましたー!
IMG_20200331_111233

古い看板は、何度も塗り直したペンキもすっかりはげ、支柱も朽ち果てましたが、
IMG_20200331_094821

今度は立派なアルミの支柱に、
文字は陶板なので、前よりは長く持つでしょうか。
IMG_20200331_111306

でも、気候がどんどん激しくなってきているからどうか・・・

陶板はもちろん私が作り、
板は夫の作業場から掘り出し、
支柱は東京の友人宅からもらってきたものを夫が加工。

材料費はペンキ代、粘土代で1000円ぐらい?

夫、「普通、こういうのは何万ってお金出して頼むんだぞ!」
私、「いや、何万じゃなく、何十万でしょ。20万円ぐらいかな・・・ってことは、20万円浮いたから・・・」

浮いたって、使わなかっただけで、どっかからお金が沸いて来るわけじゃないもんね~。

この、看板立てをやっているとき、向かいの青少年交流の家に何か気配があり、人かな?と思ったら、
IMG_20200331_100604

カモシカー!

大声を出して、「カモシカ!カモシカ!」と夫に呼び掛けると、
カモシカ、一瞬立ち止まり、こっちをジーッと見て、
でも慌てて逃げるでもなく、なれた風に建物の方へ消えて行きました。

テレビなどでは緊張感と不安が高まっていますが、自然界はいつも通りですよ~
とでも言っているようなカモシカ・・・

「象嵌」
「ぞうがん」と読みますが、一般的な言葉ではないので、知らない方も多いでしょうか?

音からは、一体何のことか想像出来ないけど、
一応漢字は「象(かたち)を嵌(は)める」だから、あ~なるほど・・・

焼き物では割りと良く使われる技法なので、
多分、私は学生の頃に覚えた言葉かな~?

先日、教室の生徒さんが、「こういうのを作りたいんですが、どうやったら良いでしょう?」
というので、あー、それなら象嵌かな~
「え、象嵌?聞いた事はあるけど・・・是非やってみたいです!」

お茶の先生なので、お茶道具を色々作っていますが、この時は茶碗。

三方向に「雪・月・花」のワンポイント模様をさりげなく入れたい、というので、
細い針でそれぞれの模様を彫り込み、白化粧土を筆で塗り込み、はみ出したところをカンナで削り・・・IMG_20200225_153209

削ると共に模様の細い線がくっきり出てきたら、「あ~!!!すごいー!!!」
IMG_20200225_160108
「感動ですー!」

そして、うわぐすりを掛けずに焼き締めにし、
IMG_20200315_115303
この粘土は焼成後、あまり色がかわらないので、本体はそのままですが、白が少しくっきりしました。
この茶碗は、季節ごとに向きを変えて使うとの事。
IMG_20200315_115224
月のところは、口の辺りが少し黒っぽくなり、偶然、夜空っぽくなりました。
こういうところが焼き物の面白さのひとつですね~。

象嵌のような技法を英語では何と言うのですか?と、アメリカ人夫婦に聞くと、
「inlay」だね。
「インレイ」?
聞いた事がある・・・
「あ、歯医者で歯を調べる時に言ってる、あれのこと?」
「そう、そう!」
はー、「インレイ」って、何のことかかな~?と、ずーっと思ってたけど、英語だったのか~

数十年来の謎が一つ解けました。
めでたしめでたし!


↑このページのトップヘ